岩手県薬剤師会検査センター
 

レジオネラ属菌検査

ここはレジオネラ属菌検査に関するページです。

 ・レジオネラ症とは?
 ・レジオネラ属菌検査「培養法」
 ・レジオネラ属菌検査「迅速法(PCR法)」


当センターではレジオネラ属菌検査を行っています。
検査をご希望される場合は是非お問い合わせください。
採水ボトルをお送りいたします。採水後当センターに検水をお送りいただくことで検査を開始いたします。
また、当センター検査員による採水をご希望される場合、ケースによっては出張費をいただくことがありますのでご了承ください。



検査期間

 検査方法 検査期間 
 培養法  7~12日
 PCR法(生菌+死菌法) 1日
(午前中に検水をいただければ夕方には速報をお伝えすることが可能です!) 




・レジオネラ症とは?

 レジオネラ症(legionellosis)は、レジオネラ・ニューモフィラ(Legionella pneumophila)を代表とするレジオネラ属菌による細菌感染症で、その病型は劇症型の肺炎過性のポンティアック熱がある。

 レジオネラ属菌は、もともと土壌水環境に普通に存在する菌である。しかしながら、快適な生活や水資源の節約のため、エアロゾルを発生させる人工環境噴水等の水景施設、ビル屋上に立つ冷却塔ジャグジー加湿器等)や循環水を利用した風呂が屋内外に多くなっていることなどが感染する機会を増やしているものと考えられる。病原体に曝露された誰しもが発症するわけではなく、細胞内寄生細菌であるため細胞性免疫能の低下した場合に肺炎を発症しやすい。
                                                   (NIID 国立感染症研究所より引用)

・浴槽水は注意が必要

微生物が繁殖してできるバイオフィルム(生物膜、ぬめり)の中はレジオネラ属菌にとって格好の繁殖場所です。
そのため、ぬめり等ができやすく、感染源となりやすい「浴槽水」は、公衆浴場法、旅館業法等により管理基準が示されています。
岩手県条例では、公衆浴場、旅館業の入浴施設に対し、「レジオネラ属菌が水質基準を超えた(検出された)場合は、保健所へ届け出ること」と定めています。
検査項目 原水・原湯・上り用湯
(5項目+レジオネラ)
浴槽水の水質基準
(3項目+レジオネラ)
  色度   5度以下  
  濁度   2度以下   5度以下
  pH値   5.8以上 8.6以下  
  過マンガン酸カリウム消費量     10mg/L以下   25mg/L以下
  大腸菌群   不検出/50mL   1個/mL以下
  レジオネラ属菌   10CFU/100mL未満   10CFU/100mL未満 
 ※ 検査頻度   1回/年 以上  ろ過機未使用・毎日換水 … 1回/年以上 
 連日使用           … 2回/年以上
 塩素消毒以外の場合   … 4回/年以上 



・レジオネラ属菌検査「培養法」

検水を分取・濃縮し、分離培地で培養します。
レジオネラ属菌は発育が遅く、判定までに数日かかります。レジオネラ症防止指針において、検査期間は7日とされています。(疑陽性の場合には最大12日まで検査期間は延長されます。)

・レジオネラ属菌検査「迅速法(PCR法)」

検水を濃縮し、リアルタイムPCRを行います。
検査時間が従来の培養法と比較すると非常に短く、5時間ほどで検査結果がわかります。
ただ、試薬など、ランニングコストが高価なため、培養法よりもかなり検査価格が高くなってしまいます。
PCR



pagetop このページの先頭へ


 CONTENTS

 トップページ
 検査依頼書
 会社概要
 環境分析部門
 飲料水分析部門
 食品分析部門
 その他の分析
 アクセス
 お問合せ
 

事業登録 

水道法第20条第3項検査機関
簡易専用水道検査機関
計量証明事業登録機関
作業環境測定登録機関
食品衛生法に基づく登録機関
温泉法に基づく登録分析機関
医薬品医療機器等法に基づく
登録試験機関


 品質保証

ISO 9001
ISO 17025
水道GLP

 
 〒020-0125
  岩手県盛岡市上堂3-17-37
  TEL:019-641-4401
  FAX:019-641-4792


Copyright©2013 The Laboratory of Iwate Pharmaceutical Association All Rights Reserved.

ご依頼Q&A